勇み足ぎみな我ら。

ちょっと前まで面接してたのに、先週はもうボクらと一緒に仕事してくれることになったニューカマーとスタッフみんなとで食事会をしてました。神山です。
時の流れは速いです。速過ぎ。そして最近は急に寒過ぎる。

ボクらの食事会に来てくれたニューカマーは11月から正式に出社して頂く段取りだったんですが、なぜかそれよりも先にメシに呼ばれると言うねw。こういうとこだよなあ。
「出社するまでちょっと時間あるしみんなでメシでも行こうよ」じゃねーんだよ。と言ってる本人が思うわw。これから入る会社の人達とは言え、急に知らない人の輪に入ってねえ、めんどくセー会社だなホントに。まあこちらはもう早く喋りたい、絡みたいの一心なんですよ。勇み足ってことです。許してください。何を話したかよく覚えてないけど、楽しんでくれてるとホント助かるんだけどな。勝手なもんだがw。

会社で食事会ってあれだ。昨今は微妙な位置付けですよね。パワハラとかアルハラとか何ハラとか言われがちだし。食事会の会話を録音して後で自分で聞き直したりしたらスゴイ恥ずかしいんだろうなあと思う。付き合いの長いスタッフには「同じ話ばっかしますよね」と普通に言われるので、実際に間違いなく同じ話しをしてると思う。自分でも意識がなく同じ話しをしてる訳じゃなくて、その話が自分は好きなんだと思う。けど周りは別にその話は好きじゃないってことでしょ?そしたら、これはなにハラだ?何ハラになるんだ?同じ話ハラスメントとかあるのかな。立場(社長)を利用して同じ話を聞かせてると言われても全くその通りだから、これはハラスメントなんではないだろうか。とか考えるともうなんだか全部ダメっぽい感じになっちゃうなあ。どうしよw。
解決策とかよく分からないけど、同じ話はこれからもたぶんするから、同じ話ハラスメントをしてる人間が言うのもなんですが「また同じ話ししてますよー、もういいですよその話し、聞きましたよ」って言ってもらっているウチはまだ良しとするかなw。

それではまた。バーーーイ。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja

面接してました。

どうもです。ボク達ビッテは新入社員を募集しており、先日まで面接なんかしちゃったりして、ようやく選考も終わり新しくメンバーに加わる人を決定させて頂きました。
意外にと言ったらアレですが多数の応募があり、とっても嬉しかったし全員に会って話したいなと思うぐらいだったんですが、それは物理的に無理なので、お会いできなかった方も含めて、ビッテに興味を持ってくれた皆様ホントにありがとうございます。なんども言いますが嬉しかったです。ホントに。

面接しておりますとやっぱり色々な方がおりまして、ホントに勉強になります。
面接をする側ではありますが、実は面接されている感じがすごくします。なんならこちらが面接されていると言う方が正しいかもしれない。面接は実際にみんなが働いている事務所の中でやってるので、会社の雰囲気も機材も仕事の仕方も全部見れますし、面接中に仕事中のスタッフも会話に加わる時すらあって、ちょっと開けっぴろげ過ぎてどうかと思うくらいですけど、ボクらが働いている所を見て楽しそうだなあと感じてくれると嬉しいし、そこが気に入ってもらえるとそれこそ相思相愛ってもんです。まあそこぐらいしか取り柄がないって言う事なんですけどね。弊社の場合w。

デザイナーの求人だったので、面接には今までにやった仕事や課題をまとめた「ポートフォリオ」なるものを持って来て頂くんですが、現役の方も学生の方もみなさん本当にスゴかったです。みんな頑張ってるんだなあと思っちゃいました。なんか励まされた感じすらする。現職がある方とは日々のお仕事あるあるで共感してしまって、もはや面接と呼べない感じになったり、卒業制作の途中経過を話してくれる学生の方も多くて、話しを聞いているとしっかりしているし考えていることも面白いので、これももう面接じゃないなって状態になったりしました。デザインを仕事にするって簡単なようで難しいし、それを続けるのも結構難しいんだなあと思います。自分は恵まれてたなあと。ホントに。ただの運ですけどなんとか続けて来られたし、楽しめて来れたのが改めてありがたいなあと思います。周りが良かったんだな。うん。間違いないよ。

ですので、新しくボクらと働いてくれるニューカマー様には、ホントに楽しんでもらえると嬉しい。と言うかもうそれだけでイイw。会社に貢献とか自己実現とか、業績アップとか仕事を覚えなきゃとか、色々と考えたりするのかなあ。別にそんなことはひとまずいいから、楽しくみんなで雑談したいなあと思うわけです。とりあえず、面接の時どうだった??変じゃなかった?って聞いてみよw。自信ないもんなんですよ、もうドキドキなんですよ常に。やっぱり面接する方される方も一緒なんだなぁ。

それではまた。バーーーーイ。

意味ってなんですか?

世の中の色々なモノや事には「意味」があるんじゃないかと考えるのは当然だと思います。
壮大な感じで言えば、「人生の意味」とか「働くことの意味」とか「生きていることの意味」などでしょうか。
比較的カジュアルな感じだと「その仕事の意味ってなに?」「やる意味がどこにあるの?」みたいな事かな。

最近なんだかその辺が気になって、この「意味」についてよく考えます。意味について考える意味って何だろう(笑)。いやいや、そうじゃなくて。
世の中の物事には「意味がある」とは思いますけど、同時に「意味なんてないんじゃないの?」とも思っています。
色々と思惑を巡らせて考えるのはとても良い事だし、実際にボクも考えること自体はたぶん好きな方だと自分で思います。
ただ、この「意味」みたいなモノに囚われてしまって「意味があるか、ないか」に偏重してしまうのはいかがなもんかと。

多分、真面目で、賢い人ほど考えるんだろうと思うんですが、仕事をある程度長くしていると「この仕事はボクの人生にとって意味があるのか」とか、
「これの意味するところは何だろう」なんて思ってしまいがちではあります。それが行き過ぎると仕事や物事に取り掛かる前にもう「意味」について考えてしまって、結局は何も進まず、やらず、変わらずじまいで、本当に「意味」のない状態になっちゃう。意味を考える事が無意味だとは言いませんが、半分くらいは「楽しければいいや」ぐらいの部分も必要だなあと思いますね。

デザインや商品企画の仕事では特にこの「意味」みたいなものが重要でもあり、曲者でもあります。
コンセプトやらターゲットやらランドマークやら、何やら賢そうな言葉に姿を変えて「意味」を問うてくるわけです。このデザインの意味は何ですか?と。
もちろん「意味なんてないでしょ、思いつきと気まぐれですよ」なんて言えないし、実際に色々と考えて作るので「テキトーですw」なんて言わないですが、
あまりに「意味」に囚われて楽しさとか、嬉しさとか、感動とか、何だろう、、こう、、そういう心の動きに鈍感になってしまうのもつまんねーなと思うわけです。

なんだか「考えろ、考えるな」みたいな感じになって、松岡修造かよと思ってしまいましたが、まあそんな事なんですw。
人生の目標が見えていて、それに向かって真っ直ぐ突き進んでいるように見える人もいるんでしょうけど、それは多分ウソですしw、
生きる意味を持って自分の人生をコントロールしているような気になっても多分錯覚だろうし、きっと明確じゃない何か「意味のなさそうなもの」に翻弄されつつ、
その場をなんとか楽しくして、言い方が悪いけど誤魔化してなんとなくフワっと生きてるくらいのもんだと思うんです。それでいいじゃないのと。
好きだとか嫌いだとかにあんまり「意味」とかないですもんね。ボクもなんでこの仕事が好きなのかさっぱり分からないし、考えた事ないですもん。

いやあ、バカでいいこともあるんだなあ。助かりましたよw。それではまた。バーーーーイ。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja

日本の夏。

お盆休み終わりました。会社だと夏季休暇って言うのかしら?
みなさんどこかに遊びに行ったり、里帰りしたりするのかな。ボクは関西の出身なんで実家は大阪なんですが、お盆の休みって短いし、家族全員で帰省となるとかなりの費用がかかってしまうので、お盆は帰省せずお正月に家族で帰省しています。

それにしても、日本の夏ってなんだか不思議だなと思います。
ボクはここ最近お盆に鹿児島の真言宗のお寺に行って、ご先祖さまを供養する「お行」なるものをやってるんですが、日本の夏は「死者と共に過ごす」感じがすごくします。
子供の頃は近所に住んでる祖母の家に仏壇があるので、そこで「おがら」を焚いて初日は迎え火、最後は送り火までやってましたし、お寺ではもちろん盆踊りもありました。
終戦記念日でもあるのでテレビでは戦没者の話や、広島・長崎の話も含めてたくさんの死者を意識しながら過ごす事になります。夏休みなのになんだかハシャげませんね。

海外の「サマーバケーション」的な感じとはエライ違いだなあといつも思うんですが、ボクはこの日本の夏の感じがすごくいいなと思っています。
子供の頃はそんなに意識していた訳じゃないけれど、やっぱりボクが今ここに居ること自体、ご先祖様の死の上に成り立ってる訳で、それは戦争で亡くなったりした方々も含めてそうだと思えるんです。最近はですけどねw。子供を育ててるとそう思うのか、ただ歳とったせいなのか分かりません。ただどんな人も累々と重なった人の死の上に今を生きているなと感じます。過去からの繋がりのない人間なんて存在しませんもんねえ。当たり前だけど。

これからもっともっと年齢を重ねると、お盆にはきっと死者と話ができるようになるんだろうなと思います。
じーちゃんとか、ばーちゃんはお盆にご先祖様と話してましたもん。「暑いさかい、お水かけとくよってゆっくりしていってよーー」とか言ってお墓参りしてました。
きっとそうなるんだなーーボクも。これは益々夏が楽しみになりますよ。もちろんサマーバケーションもいいですけどねw。

それでは。バーーーイ。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja

らしさってなんだろう。

新入社員を募集することになりました。
ウチらしい、楽しく仕事ができる人達がたくさん来てくれるといいなぁ。
なんて思っているんですが、ふと思うと「ウチらしさ」ってなんだろう。。。

これって企業理念だとか、コンセプトだとか、そう言う大事な何かなんだと思うんですが、どうもこう、、言葉で表せない感じなんです。ホントです。
新入社員を募集するには採用記事みたいな物を作らないといけないんですが、言葉で表せない「空気」みたいな物をどうやって伝えればいいのか。無理なんじゃないのかw。でもですね、「良い空気」なんですよウチ。これは自慢です。みんな自分で考えて自分で勝手に仕事するし、ボクにすごいカリスマがあるなんてことはないし、怖い人なんかもいないです。自分で「良い空気」とか言うと、余計になんかホントかよって思うかもしれませんけどw。

この空気感みたいな物はどこからくるのか。。ボクが作り上げた物でもない気がします。自然とそうなってる。なんでかなと思って色々と考えてみて、観察してるとみんな毎日よく喋ります。しかも雑談。ここから商品企画が始まってる感じすらありますね。立ち話とか、作ってる作業中とか、ご飯食べてる時とか、いつでもよく話します。奇跡的にみんなが集中してて事務所がシーンとしてる時もあるにはありますが、少ない気がします。良くも悪くも。ボク自身もおしゃべりだから人のことは言えませんが、きっと話すことでこの空気が出来てるような気がします。

これから採用記事が出来て、サイトにアップされて、面接とかして行くと思いますが、「ウチらしい人」ってきっと「おしゃべりな人」だと思います。いろんなことを楽しく話せる人。通勤電車で面白い人を見かけたとか、料理作ったらマズかったとか、テレビの話しとか、見た映画の話し、なんでもいいけど人に話したい人とか、人の面白い話を聞きたい人が「ウチらしい人」だと思います。なんて言うのかな、人に伝えたいって感じ。人に言いたいんだって感じって言うんでしょうか。とにかく、ボクらはきっと話したいんです。そして聞きたいんだと思います。

それでは、ビッテに応募してくれるであろう皆さんとたくさんお話して笑えますように。お気軽にエントリーお願いします。
まだ募集は始まってないですけどねw。これからします。

バーイ。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja

引っ越しました。

とか、今頃になって言ってみる。

お仕事させて頂いてる皆様、お祝いとか、ご訪問とか、胡蝶蘭とか、ホントにありがとうございます。しかし引っ越したのは6月の末なのですでに1ヶ月は過ぎてるんですが、いまだにまだ手続きとか残ってる感じです。

新しい事務所の住所が「南麻布」なもんで、「いやーすごいですねー」とか「儲かってるねえー」なんて言われますが、全然ですw。全然じゃダメなんですけどね。住所に相応しい会社になれるように頑張らねばならんなあと思っておりますよ。ホントに。

で、焦って放置していたブログもこれを機に1年越しに書いてみることにしました。

しかしすごいわー。やる気ないにも程があるよな1年放置。これはもうやる気がないとかじゃなくてブログのことは無かったことにしようとしてた感がありますね。自分の中で。

なんでこういつもこういうの続かないんだろうか。ブログって日記みたいなもんじゃないですか?だいたい日記が続いた試しがないもんね。小学校の時の夏休みの宿題の絵日記とか、月末に相当な量をまとめて書くのですでに日記じゃないし、後半なんてもう雑にも程がある絵になってた記憶しかないです。自慢ですけどね。これ。

まあもうダメ自慢してる年齢じゃないので、ちょっと気持ちを入れ替えて書きます。ブログ。新入社員も募集するつもりなので、社長として示しがつかんしな。放置期間が長過ぎて誰も読んでないし、誰も「いーかげんにブログ書いてください」とか言わないんですけどねw。

自分的には「募集に来た人がbiiteのサイト見て、ブログ書いてないなーこいつ」的な感じになって、そんでもって印象悪くなって、この会社に応募したいなーとか思ってたけどやっぱやめよーとかなって、事務所のみんなに迷惑かけたらやだなぁとw。気が小さいもんでw。

ではでは、小心者ではありますが、新しい場所に引っ越して、新しい仲間も増やして、みんなで毎日楽しく仕事するぞーなんて思っております。あ、ちなみに結構オシャレな建物なんですよ、biiteの新事務所。僕には似合ってないけどbiiteのみんなには似合ってます。

それでは、また。バァーーーイ。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja

 

コピーライテイング。

しかしほったらかしたなー。ブログ。何書いていいのか悩みすぎるのが良くない。もうあれだ、適当だ。テキトーに書くんだよ。ブログなんだから。自意識高すぎてどうする。

ですんで今回は、悩みすぎたって話です。

「神山さん、会社案内のデザインを新しくするんで、会社のキャッチコピーを考えてください。」と事務所のスタッフに言われてコピーライテイングに挑んだ。

はじめは軽く考えていたんで「ああ、オッケーオッケー、今日にも出すよ」って言った気がするんだけど、考え出すと全部気に入らないし、良いと思えない。何か伝わっていない気がするし、なんかダサい気もする。いつものようにクライアントさんがいる訳ではないので、誰かがOK!とか言ってくれるわけないし、褒めて励ましてくれる人がいるわけでもないので、結局は2週間以上ほったらかすと言う結果になった。

コピーライテイングって、難しい。悩みすぎるとロクなことにならない。でも悩まないと出てこない。会社のコピーだから、この会社は一体何をしたくて、何ができて、どんな雰囲気の会社なのかってことを簡潔に伝えるコピーでないといけない。そもそも、自分たちの会社だから余計に悩む。考え出すと「どうしてこの会社を作ったのか」とか「この会社の社会的な意義はなんだ?」とか「自分たちは何がしたいんだ?」とか、挙句は「ボクはどういう生き方をしたんだろう」「そもそもボクはなんなんだ。。」と言うように、「問答の沼」に見事にはまって泣いた。

結局、様々なコピーの山から悶絶の思考マラソンを2周も3周もして、堂々巡りを巡り巡って、、、

楽しくしよう。

というコピーに決めました。うん。決めた。もうこれでいく。これしかないとは思わないけどこれで行こう。だってこれなんだもん言いたいこと。これなんだもん会社の意味。これなんだもん作りたいモノ。

楽しくしよう。ボクにとっては良い言葉。「楽しい」とか「楽しむ」とか「楽しみましょう」とかとは違う。楽しくしようは自発的で前向き。すごくポジティブだ。物事を自分で進める感じがする。仕事も生活も何もかも、これで大概は楽しくなる。豊かになる。そして自分で自発的に物事を楽しくできる人は、人のせいにしないから人に優しい。

死ぬほど楽しくて飯を食うのも忘れるような仕事をずうっとやり続けるなんてことはすごく難しいけど、楽しく仕事するってのは自分次第だから、今すぐにもできる。自分で楽しくできるかできないか。これに尽きる。

変わらず毎日テキトーに生きてるけど、毎日楽しくしょうと思ってる。まあほどほどにだけどw。さあこれからも事務所のみんなと楽しくするぞ。

今回も読んでくださってありがとうございます。楽しくできるスタッフと、毎日の生活を楽しくする商品を作ってます。「株式会社ビッテ」。スタッフ共々よろしくです。

ではまた〜。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja

リーダーってなんだよ?

こんにちわ「リーダー」です。なんの因果かブログを始めることになったのです。とりあえず最初は、、えーっと、、よろしくお願いします!

まず「リーダー」ってなんだよ?と思うだろうなあ。このブログ。

リーダーって言うと何だか「城島」的な感じや、「リーダーシップ」とか「リーダーになる人材」など比較的いい印象のものが多い気がするけど、ボクの場合はほぼ「あだ名」近いもので、いわゆる「リーダー」的な所作や雰囲気、実力、人望、もしくは「何か分かんないけど持ってるんだよなあ〜あの人」感などはないのです。

ボクが「リーダー」と呼ばれる理由は、前職の「役職」。ただそれだけ。

ボクは独立する以前は企業勤めのデザイナーで、その会社では取締役以外の役職はリーダーとマネージャーの 2つしかなく、僕はこの「リーダー」の役職についていた。この株式会社ビッテを作る時に前職でも一緒だった人がいるので、それで今でもその人達を中心に「リーダー」と呼ばれるわけなんだけど、この会社の代表になってからリーダーと呼ばれるのは、なんだかちょっといい感じだ。以前より気に入っている。

会社の代表なら「社長」って言われるのが普通だと思うけど、僕は「リーダー」の方が好き。なんだか分からんが「社長」ってのは自分に似合わない気がする。呼んでもらうのは構わないんだけど、重いというか、硬いというか、、なんか真面目っぽい。そしてこそばゆい。

もちろん社長の自覚がないわけではないし、会社の責任とか色々と社長っぽいことを何年もやってるけど、やっぱり「リーダー」って感じが丁度いいと思う。呼びやすいし、親しみがあるし、ちょっと間の抜けた感じもあって、そこもボクは気に入っている。

ボク達は人数の少ないベンチャー企業で、みんな気さくで物を作るのが好きな人達が集まっている。だから営業だの業務だのデザイナーだの生産だのと役割をきっちり決める感じでもなくて、みんなで仕事やら会社やらを回してる感じがある場所だから、やっぱり僕はそこの「社長」じゃなく、「リーダー」で居たいなと思うのだ。

これでボクらの言う「リーダー」感が伝わったとは思えないけど、まあそういう感じなんです。

初めてのブログで何をアップしてんだかよく分からない感じになったけど、読んでくださった皆さん、ホントにありがとうございます。今後は読んでくださる皆さまにも愛される「リーダー」を目指していこうと思いますw。

ではまたー。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja