コピーライテイング。

しかしほったらかしたなー。ブログ。何書いていいのか悩みすぎるのが良くない。もうあれだ、適当だ。テキトーに書くんだよ。ブログなんだから。自意識高すぎてどうする。

ですんで今回は、悩みすぎたって話です。

「神山さん、会社案内のデザインを新しくするんで、会社のキャッチコピーを考えてください。」と事務所のスタッフに言われてコピーライテイングに挑んだ。

はじめは軽く考えていたんで「ああ、オッケーオッケー、今日にも出すよ」って言った気がするんだけど、考え出すと全部気に入らないし、良いと思えない。何か伝わっていない気がするし、なんかダサい気もする。いつものようにクライアントさんがいる訳ではないので、誰かがOK!とか言ってくれるわけないし、褒めて励ましてくれる人がいるわけでもないので、結局は2週間以上ほったらかすと言う結果になった。

コピーライテイングって、難しい。悩みすぎるとロクなことにならない。でも悩まないと出てこない。会社のコピーだから、この会社は一体何をしたくて、何ができて、どんな雰囲気の会社なのかってことを簡潔に伝えるコピーでないといけない。そもそも、自分たちの会社だから余計に悩む。考え出すと「どうしてこの会社を作ったのか」とか「この会社の社会的な意義はなんだ?」とか「自分たちは何がしたいんだ?」とか、挙句は「ボクはどういう生き方をしたんだろう」「そもそもボクはなんなんだ。。」と言うように、「問答の沼」に見事にはまって泣いた。

結局、様々なコピーの山から悶絶の思考マラソンを2周も3周もして、堂々巡りを巡り巡って、、、

楽しくしよう。

というコピーに決めました。うん。決めた。もうこれでいく。これしかないとは思わないけどこれで行こう。だってこれなんだもん言いたいこと。これなんだもん会社の意味。これなんだもん作りたいモノ。

楽しくしよう。ボクにとっては良い言葉。「楽しい」とか「楽しむ」とか「楽しみましょう」とかとは違う。楽しくしようは自発的で前向き。すごくポジティブだ。物事を自分で進める感じがする。仕事も生活も何もかも、これで大概は楽しくなる。豊かになる。そして自分で自発的に物事を楽しくできる人は、人のせいにしないから人に優しい。

死ぬほど楽しくて飯を食うのも忘れるような仕事をずうっとやり続けるなんてことはすごく難しいけど、楽しく仕事するってのは自分次第だから、今すぐにもできる。自分で楽しくできるかできないか。これに尽きる。

変わらず毎日テキトーに生きてるけど、毎日楽しくしょうと思ってる。まあほどほどにだけどw。さあこれからも事務所のみんなと楽しくするぞ。

今回も読んでくださってありがとうございます。楽しくできるスタッフと、毎日の生活を楽しくする商品を作ってます。「株式会社ビッテ」。スタッフ共々よろしくです。

ではまた〜。

株式会社ビッテ http://www.biite.co.jp/
Twitter https://twitter.com/Tomo_Kamiyama
Instagram https://www.instagram.com/kamiyamatomohiko/?hl=ja